red-meat-and-cancer-1102047-TwoByOne

私たちは、地球を救うために赤身肉をやめなければならない、と第一線の科学者が警告する

調査では、牛肉の消費を25%減らすことで、温室効果ガスを年間600万トン減らせるとされている。

地球環境への悲劇的な被害を妨げる為には、赤身肉の消費を諦めなくてはならない、と英国の元政府主任研究員はSky Newsに語った。デイビッド・キング卿教授によれば、ケンブリッジ大学で環境修復センターの設立準備をしており、畜牛と羊の生産により大量の温室効果ガスが発生しており、温暖化を止めるには人間の食生活を大きく変えることは避けられない。

調査によれば、牛肉の生産における二酸化炭素排出量は同じ重さの鶏肉の9倍、豆など野菜ベースのプロテインののおよそ200倍となる。David卿は、すでに牛肉の摂取を止め、羊肉も止めようと試みており、それは誰にも道徳的に必要なことだと話す。

「疑いの余地は無い。そうすることは必要に迫られている。」と彼は語った。

「農家に家畜を育てるよう促している要因は我々の需要にある。」

この地球の人口は依然増加し続けており、110億人に食事を与えることは、おそらく今世紀末までに、中流階級の増加とともに120億人となる、という事実のもとにも、我々の行動を変えることが必要となっている。「彼らは我々の生き方がしたいと望んでいる。もし肉を摂取したら、それは正しい例にはならない。」

英国で生産される畜牛と羊は、毎年およそ2100億トンの温室効果ガス、主にメタン、を排出している。食肉の消費量は、過去20年に3%以上下がっているが、牛肉単体の消費量は同じレベルに留まっている。

オックスフォード大学のサステナビリティ分野の研究家であるマルコ・スプリングマンは、地球を「温暖化ではない範囲」内でこの地球を維持するには、赤身の肉の消費は1週間に1食、そして1日当たり牛乳グラス1杯またはチーズ1スライスにとどめるべきだと言う。

教授によれば、税金は食生活を変えることの強力なインセンティブになる。

「英国で、温暖化による被害の現在の推定値を食品の価格によって説明すると、牛肉では20%、牛乳は15%の値上げが必要となる。それが、食品に公平な価格をつけるということなのです。」と教授は言う。

温暖化における委員会は、政府の正式なアドバイザーという立場でありながら、食肉の消費を大幅に削減することを推奨することを避けている。委員会は、最近2050年までにいかに英国が温室効果ガスの排出を”正味ゼロ”まで削減するか、というレポートを発表した。

そのレポートによれば、人々がより健康的な食生活を導入することにより赤身の食肉の摂取を20%削減することが、年間で600万トンの温室効果ガスの削減をもたらす。

しかしながら、食物摂取のさらなる削減には、”国民がどう受け入れていくのかという問いとともにある社会的な変化”によるだろう。それにも関わらず、そのレポートでは、植樹を大幅に増やすことが農業、航空による温室効果ガスを相殺すると主張している。デイビッド卿及びスプリングマン博士はいずれもSky Newsに対し、相殺だけでは不十分であると語っている。

しかし、イノベーションは肉食派に牛肉の味を温室効果ガスを削減できる状態で提供することができる。Sky Newsはオランダのマーストリヒトにある研究所への取材を許可された。

そこで、科学者たちは実験用のガラス製の平皿の上で育てた牛の細胞でできたバーガーを世界初で生産した。その細胞は大量生産され、繊維細胞と融合された。Mosa Meatの主任科学研究院であるマーク・ポスト博士は、8週間に渡って育てられた5億個の細胞を含む4gのバーガーを我々に見せてくれた。規模を拡大し細胞を巨大タンクで増殖させれば、この研究所で開発された肉は温室効果ガスを排出しながら何百万人もの人々を養うことができる。

ポスト博士は、「これが牛を必要とせずに全く同一の細胞を生成できる方法なのです。」と話す。「これによって環境への影響を減らすことができます。人は誰もがぜいたくです。食において選択肢を求め、その一方でこの地球をま守りたいと思っています。我々は肉食派が肉を欲することを満足させることができるのです。」

Please follow and like us:
Facebook
Facebook
Twitter
Visit Us
Instagram